新婚旅行は国内旅行にしました

新婚旅行は国内旅行にしました

幹事で気を遣う、みんなで楽しめる国内旅行

職場の親睦のための国内旅行は、大人だけの集団というものの年齢の幅がありますので、みんなが楽しいと思ってもらうプランを考えるのは、気を遣います。幹事は、回り持ちですから、終われば良しとはいうものの、いつまでもくだらない旅行だったと言われ続けるのも辛いものです。そこで、まず敬意を払うべき人たちが好む、温泉と産地産物の食事が豪華で、居心地の良い旅館を、観光バスで半日ぐらいで到着する範囲で見つけること、堪能した翌朝は、周囲に食や展望、周遊するのに、多様なスポットがあることを配慮することの2つを旅行社に提示して計画を提案してもらいました。

鵜飼を見ながらの船での食事や川下りなどを計画してくれたことは、老若男女を問わず、新鮮な体験を喜んでもらえました。翌日は、それぞれに興味を引くところへと出かける人たちもいれば、昼間の温泉をじっくり楽しむ人たちもいましたので、大いにそれぞれの楽しみ方ができたようで、ホッとしました。少々、プラン料や予約やその他用意すべきものを準備してもらう手数料を支払っても、旅行社に任せると、知らない秘境を教えてもらえますし、とても良かったとしみじみ感じました。観光ガイド冊子を見ているだけでは、本当にみんなが喜べる旅行プランは立てられません。

注目情報

Copyright (C)2018新婚旅行は国内旅行にしました.All rights reserved.